FANDOM


てれびくんデラックス愛蔵版〜超全集』(てれびくんデラックスあいぞうばん・ちょうぜんしゅう)は、小学館が発行する児童向け書籍。

概要 編集

てれびくん』の別冊ムック本として、主に特撮ヒーロー番組・怪獣映画などを一冊に総括した書籍であり、番組終了からしばらくして発行される(映画の場合、発行は基本的に公開日前後)。タイトルは『(作品名)超全集』とつく。また近年の戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズなどでは、上・下巻(または、上・下・最終巻)と数冊に分けて発行される場合も増えている。

児童向けではあるが、スタッフ・出演者へのインタビューやバックステージについても取り上げられている。

リスト 編集

ゴジラシリーズ・モスラシリーズ 編集

ゴジラモスラも参照。

ガメラシリーズ 編集

ガメラも参照。

ウルトラシリーズ 編集

ウルトラシリーズも参照。『ウルトラマンティガ』など、放送時に小学館が掲載権を持たなかったウルトラシリーズの超全集は発売されていない。

仮面ライダーシリーズ 編集

仮面ライダーシリーズも参照。真以降は一作ずつ取り上げられている。平成仮面ライダーシリーズでは、『仮面ライダー響鬼』と『仮面ライダー電王[4]のみ、超全集が発行されていない。

戦隊シリーズ 編集

スーパー戦隊シリーズも参照。

デカレンジャー、マジレンジャー、ボウケンジャーの超全集は上・下巻分割発行となっている。また、シンケンジャーおよびゴセイジャーの超全集は、東映ビデオから発売されたオリジナルDVDシリーズの『超全集版』に同梱される形式となっている。

メタルヒーロー 編集

メタルヒーローシリーズも参照。放送当時に小学館の雑誌で掲載できなかったレスキューポリスシリーズ以前の作品や『ブルースワット』と『テツワン探偵ロボタック』の超全集は未発売に終わっている。

その他 編集

脚注 編集

  1. モスラ対ゴジラについても少し触れている。
  2. ウルトラセブンについても少し触れている。
  3. ウルトラギャラクシー大怪獣バトルについても触れている。
  4. ただし、『電王』は超全集とほぼ同旨の書籍『仮面ライダー電王 超ヒーローファイル』が3冊が発売されているほか、劇場映画2作目の『電王&キバ クライマックス刑事』単独版も発売されている。
  5. 初版の発売は番組放送途中であったため、終盤のエピソードが収録されなかったが、再版時に完全版として補完された。
  6. 本作以降、仮面ライダーシリーズの超全集は上・下・最終巻、または上・下巻の分割発行となる。
  7. 本作以降、1冊発行となったが、ディケイドは再び上下巻となっている。
  8. 上巻の帯に「[下巻] 2009年秋発売予定」と書かれていたが、2010年5月にようやく発売された。
  9. 当初は2010年秋に発売とてれびくん2010年10月号で告知されていたが、劇場映画作品の公開やビデオ作品の発売などもあり、2011年7月に正式発売された。
  10. 当時シリーズ1作目扱いであった『バトルフィーバーJ』から『地球戦隊ファイブマン』までの作品を紹介。
  11. ジェットマン、ジュウレンジャー、ダイレンジャー(初期)の情報を追加したもの。
  12. ダイレンジャーの情報が補完されたほか、当時スーパー戦隊シリーズに含まれていなかったゴレンジャージャッカーおよびカクレンジャー、オーレンジャーの情報を追加したもの。この巻以降、パワーレンジャーについても触れるようになった。
  13. オーレンジャーの情報が補完されたほか、カーレンジャー、メガレンジャー、ギンガマンの情報を追加したもの。
  14. ギンガマンの情報が補完されたほか、ゴーゴーファイブ、タイムレンジャー、ガオレンジャー、ハリケンジャー(初期のみ)の情報を追加したもの。
  15. ハリケンジャーの情報が補完されたほか、アバレンジャー、デカレンジャー、マジレンジャー、ボウケンジャーの情報を追加したもの。ゲキレンジャー(初期のみ)についても触れているほか、バンダイから発売された玩具類のCMや、日本では視聴することができない2000年代以降のパワーレンジャーシリーズの映像を収めたDVDも付属している。2006年に発売されたてれびくんでは2006年発売とされていた。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。