FANDOM


怪獣大戦争
Invasion of Astro-Monster
監督 本多猪四郎(本編)
円谷英二(特撮)
脚本 関沢新一
製作 田中友幸
製作総指揮 清水雅
出演者 宝田明
ニック・アダムス
久保明
水野久美
沢井桂子
土屋嘉男
田崎潤
音楽 伊福部昭
編集 藤井良平
配給 東宝
公開 Flag of Japan1965年12月19日(日本)
上映時間 94分
製作国 Flag of Japan 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 日本語
前作 三大怪獣 地球最大の決戦
次作 ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
  

怪獣大戦争』(かいじゅうだいせんそう)は1965年12月19日公開に公開された日本アメリカの合作映画で、ゴジラシリーズの第6作。製作は東宝ベネディクト・プロ。配給は東宝カラー東宝スコープ。上映時間は94分。観客動員数は513万人。

解説編集

東宝の二大特撮看板である「怪獣映画」と、『地球防衛軍』に始まる「空想科学映画」を融合させた作品。

登場する怪獣はゴジララドンキングギドラ。ストーリー面では怪獣同士の対決よりも地球人とX星人のドラマに重点が置かれている。ゴジラが地球外へ飛び出して活躍するのは本作が最初で最後である。

オープニングに使われた曲は伊福部が戦前に帝国海軍からの委託で作曲した『古典風軍樂 吉志舞』以来、『ゴジラ』のBGM「フリゲートマーチ」などに用いられてきた旋律であり、ゴジラファンの格闘家佐竹雅昭の入場曲であるほか、現在は自衛隊のイメージミュージックとして定着している。

フランケンシュタイン対地底怪獣』に続く来日出演となるニック・アダムスは、日本のスタッフや俳優たちと積極的に交わり、明るい性格で非常に親しまれた。共演した水野久美によると「アメリカにいるワイフとは離婚するから結婚しよう」と、劇中さながらにしつこく口説かれたという。

後に『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』と改題され、1971年春の東宝チャンピオンまつりでもリバイバル上映された。

北米公開版は、当初『Invation Astro Monster(宇宙怪獣の招待)』の題で輸出されたが、1970年に『Monster Zero』の題で公開された。タイトルクレジット曲が本編中のX星人の円盤が明神湖と鷲ヶ沢から、ゴジラとラドンを電磁波で運び出すシーンに流れる曲に差し替えられているほかは、シーンの差し替えやBGMの追加も行なわれていない。アメリカでは、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』との2本立てで公開され、「ゴジラのシェー」は、「ダンシング・ゴジラ」として知られている。当時アメリカでのゴジラシリーズの興業は低迷しており、BGMの追加やシーンの差し替えなどの改変を行なっても興行成績に影響しないため、本作以降の昭和ゴジラシリーズ作品はセリフの吹き替え以外の変更点は見られない[1]

国内盤DVDの特典には1972年頃発売された、本作を編集した8mm+ソノシート「ゴジラ宇宙へ行く!」とセットの絵本「ゴジラ宇宙へ行く!」が収録。劇場用予告編はオリジナル原盤が所在不明のため、『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』の予告編が収録されている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー編集

196X年[2]木星13番目の新衛星Xの調査に向かった地球連合宇宙局の富士とグレンは、高度な文明を有しながらキングギドラのために地下生活を強いられているX星人と出会う。X星人はの特効薬と引き換えに、地球怪獣のゴジラとラドンを借りたいと申し出た。怪獣がどこにいるのかなど分からないという富士たちだが、統制官によると日本国内にいるという。富士たちはX星人の依頼を地球に持ち帰ったが、彼らを見送る統制官は笑みを浮かべながら何かを呟くのであった。

富士たちはX星人の要請を発表したことで地球は歓迎ムード一色となる。さらに、自衛隊の調査でX星人の指摘どおりゴジラが日本の竜神湖にいることが判明。数日後、円盤で地球を訪れた統制官たちとの交渉が成立するが、富士とグレンはどこか胡散臭さを感じていた。かくしてX星に運ばれた二大怪獣は見事ギドラを破る。一方、富士の妹であるハルノの恋人である町のしがない発明屋・鳥井は、珍しく自分の発明を買ってくれた波川という美女によって「世界教育社」に招かれる。しかし、いつまで経っても交渉が進まない。鳥井は、何度も世界教育社を訪れ、波川がグレンの恋人であることを知る。不審に思った鳥井は世界教育社が所有する目倉島の別荘に潜入するが、そこで捕らえられてしまう。

しかしこれらは全てX星人の罠であり、世界教育社はX星人の地球侵略の前線基地の隠れ蓑だった。X星人は癌の特効薬のテープで地球の植民地化を宣言すると共に、電磁波で操られ、秘密裏に地球に再配置された三大怪獣の攻撃が始まり、地球は最大の危機にみまわれる。しかし、目倉島に囚われたグレンと鳥井は、グレンとの愛のために命を落とした波川が最後に託した手紙と鳥井の発明したレディガードから、X星人のある弱点を発見する・・・

テンプレート:ネタバレ終了

登場キャラクター編集

X星人編集

詳細はX星人を参照

木星の裏側に位置する衛星の一つ「X星」の岩山と砂の荒涼とした地表の下に都市を建設している。彼らの行動・規範は全てコンピューターの計算によって決定され、ただ一人の統制官(土屋嘉男)によって統率される。恋愛も結婚も、計算機の指示以外の行動は許されない一方で、「光の速さに近づくことが目標」という信条を持っている。女性は全て同じ顔(水野久美)をしており、彼らの文化はあらゆる物質を固有名詞ではなく、ナンバーで呼んでいる。酸化水素、つまりを化学合成で得なければならず、黄金よりも貴重な住環境であることから、地球への移住と植民地支配を目論む。地球基地では、24時間表記のアナログ時計を使っていた。特定の周波音を受けると無力化する弱点を持つ。

土屋義男は統制官を演じるに辺り、独特の手振りを伴った「X星語」を考案して芝居に採り入れており、芥川龍之介の小説『河童』に出てくる「河童語」をアレンジしたと本作DVDでコメントしている。この「宇宙演技」(土屋による表現)は、共演のニック・アダムスにも大うけだったそうである。

X星人がゴジラ・ラドンの球体を解除する機械は、『モスラ』に登場した原子熱線砲のパラボラ部分のパーツを流用している。

X星円盤編集

円盤型の未確認飛行物体に似た機体。光速の1/10で飛行することが可能で(田中友幸『決定版 ゴジラ入門』によると最高速度は光速の1/3)、大気圏脱出時の衝撃もP-1号よりはるかに小さい。機体下部から電磁波を発射することで物体を輸送することができ、また、イミテーションのP-1号やパラボラアンテナを破壊したレーザー砲を装備する。

P-1号、Aサイクル光線車と併せ、メカデザインはすべて渡辺明井上泰幸による。FRP製で、内部に電飾を仕込み、操演用のピアノ線からの送電で発光する。レーザー光線砲を備え、電磁波でゴジラやラドンを捕えたままX星と地球を数時間で往復することができる。司令円盤と併せ、1尺サイズのミニチュアが3機ほど作られた。アップ用のものは3尺ほどあった。

円谷監督は、飛来した円盤が空中でピタリと静止する映像を、フィルムの逆回転で表現している。円盤が湖上に浮かび上がるシーンでは、ドライアイスを使って糸を引くような渦を表現している。地球人との初会談のシーンの屋外ロケでは、画面に映る下半分だけの実物大の円盤が作られた。

P-1号編集

地球連合宇宙局の新鋭木星探検ロケット。劇中ではX星人の手によって、本物よりも高性能な3座のイミテーションが作られたが、X星円盤によって破壊された。

1尺サイズのミニチュアが作られ、X星着陸場面のため、実物大の下端部分も作られている。『クレージーの大爆発』(1969年)では、ポスターなどの宣伝素材にP-1号のミニチュアが使われている他、グレンたちの宇宙服も同じ意匠のものが劇中で使用されている。さらに、ヘルメット部分が『ウルトラマン』第25話「怪彗星ツイフォン」に登場する子供の宇宙服に流用され、現存する。

Aサイクル光線車編集

X星人が怪獣たちを操る電磁波を遮断するための「Aサイクル光線」を放射する、地球連合宇宙局の切り札。同時にX星人の弱点である周波数音波をスピーカーから放つ。

模型製作は「アカツキ工芸」に外注され、2尺サイズのミニチュアが数台作られた。自走は出来ず、牽引車ともどもピアノ線で引っ張って動かしている。のちに『ウルトラマン』の第3話・第11話では熱戦砲車として登場しているほか、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』で「メーサー殺獣光線車」に改造されている。

水爆大怪獣 ゴジラ 編集

詳細はゴジラ (架空の怪獣)を参照

本作のための新規造形。頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄による。演技者は中島春雄。『モスラ対ゴジラ』で起こされた石膏型から、ラテックスで抜いた頭がベースに使われている。腹周りのヒダが、下方へ一直線に流れているのが、前作までのゴジラとの大きな違い。瞳に黄色い縁取りがあり、中心にも黄色い点が書き込まれていて、リモコンで目が左右に動く際のアクセントになっていて、これは同年制作のバラゴンと共通の表現である。他作品のゴジラと区別して、「大戦争ゴジラ」と呼称する書籍も多い。

このゴジラは劇中で「シェー」をする事でも有名。このアイディアは中島春雄の発案による。中島が電話でこのアイディアを伝えると、円谷監督は大乗り気で翌日の撮影にさっそく採り入れている。映画の宣伝材料には、ゴジラに加えて宝田明ニック・アダムス水野久美沢井桂子らがそろって「シェー」をしている写真も使われた。

X星人はゴジラを「怪物01」と呼んでいた。この「大戦争ゴジラ」の頭は『モスラ対ゴジラ』のゴジラの胴体と繋ぎ合され、『ウルトラQ』の怪獣ゴメス『ウルトラマン』のジラースに流用されている。これらの改造は井上泰幸、開米栄三らによって行われた。

2尺サイズのギニョールのほか、本作に合わせて3尺サイズの足の大型ミニチュアが作られ、家屋破壊シーンなどの細かいカットに使われている。

空の大怪獣 ラドン 編集

詳細はラドン (架空の怪獣)を参照

前作『三大怪獣 地球最大の決戦』の造形物の流用。翼幅が広く修正されている。演技者は篠原正記

X星人はラドンを「怪物02」と呼んでいた。ラドンの暴れる特撮シーンの一部は『空の大怪獣ラドン』や『地球防衛軍』『モスラ』等の作品のライブフィルムを使用している。その一方で、かなり大規模な都市破壊用ミニチュアも新規に組まれている。

宇宙超怪獣 キングギドラ 編集

詳細はキングギドラを参照

前作の造形物の流用。首が1尺ほど長く継ぎ足された。演技者は広瀬正一。劇中ではアメリカを攻撃したことがセリフで語られる。X星人はキングギドラを「怪物0」と呼んでいた。

スタッフ編集

本編編集

特殊技術編集

特殊視覚効果編集

キャスト編集

同時上映 編集

1965年版
1971年版

映像ソフト化編集

  • DVDは2003年5月21日発売。
  • 2008年2月22日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションII」に収録されており、単品版も同時発売。
  • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。

関連項目 編集

  • 空の大怪獣ラドン』 - 福岡襲撃シーンが本作に流用されている。
  • 世界大戦争』、『妖星ゴラス』 - 鳥井哲男の下宿の部屋にこの二作品のミサイルや、隼号のミニチュアが置いてある。
  • 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』 - キングギドラの破壊シーンが本作から流用されているほか、宇宙局のミニチュアも再使用されている。
  • メカゴジラの逆襲』 - 映画ポスターに、劇中に登場しないX星円盤が描かれている。
  • BF1942Mod『Forgotten Hope』のminiModである『Forgotten Hope Defense Force』はこの作品に影響されて作られた。[1]  

脚注 編集

  1. デビット・キャリシャー「社会的に観たゴジラ映画 -日米を通して-(上)」 『福岡市総合図書館研究紀要』第5号 2004年
  2. 東宝チャンピオンまつり版」では冒頭クレジットの「196X年」が「197X年」になっている。
  3. 「東宝特撮メカニック大全」(新紀元社刊)での川北のインタビューより

テンプレート:ゴジラの映画

テンプレート:本多猪四郎監督作品テンプレート:Movie-stub

cs:Godzilla - útok z neznámafr:Invasion Planète X it:L'invasione degli astromostri nl:Invasion of Astro-Monster no:Invasion of Astro-Monstersv:Invasion of Astro-Monster zh:怪獸大戰爭

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。