FANDOM


モスラ対ゴジラ
Mothra vs. Godzilla
監督 本多猪四郎(本編)
円谷英二(特撮)
脚本 関沢新一
製作 田中友幸
製作総指揮 清水雅
出演者 宝田明
星由里子
小泉博
藤木悠
田島義文
佐原健二
沢村いき雄
藤田進
田崎潤
音楽 伊福部昭
編集 藤井良平
配給 東宝
公開 Flag of Japan1964年4月29日(日本)
上映時間 89分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
前作 キングコング対ゴジラ
次作 三大怪獣 地球最大の決戦
  

モスラ対ゴジラ』(モスラたいゴジラ)はテンプレート:和暦4月29日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第4作。製作、配給は東宝カラー東宝スコープ。上映時間は89分。


概要 編集

観客動員数は720万人。併映は『蟻地獄作戦』。『ゴジラ対モスラ』と誤記されることがある[1]。ゴジラにとって、怪獣同士の闘いにおける初の黒星(昭和シリーズでは唯一)を喫した作品である。

主要襲撃地点は名古屋で、ゴジラモスラ(幼虫、成虫)が登場する。

いかにも東宝特撮らしく、一見単純な娯楽作品の体裁をとりつつも、「観光開発ブーム」「背後の興行師による暗躍」「新聞の第三権力化」など、やんわりとながら当時の世相への批判が盛り込まれている。また、虎畑も万造という初老のキャラクターだった(二郎の父親としてセリフには登場する)。

1972年頃には『モスラ』と『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』を編集した8mmと、ソノシートとセットの絵本「モスラ アタック東京!」が発売されており、国内盤DVDの特典に収録されている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

巨大台風が日本を通過した翌日、毎朝新聞の記者である酒井と助手の純子は高潮の被害を受けた倉田浜干拓地で鱗のような物体を見つける。一方、静の浦の海岸には巨大な卵が漂着。ハッピー興業の熊山は漁民から卵を買い取り、静の浦の海岸に孵化施設を兼ねた「静の浦ハッピーセンター」の建設を始めた。

巨大な卵を調査した三浦博士と酒井らだったが、彼らの目の前に小美人が現れる。彼女達によると、巨大な卵はインファント島に唯一残っていたモスラの卵で、卵を失った島の人々は悲しんでいるという。酒井たちは卵を返還するよう抗議活動を始めたが、熊山は応じないどころか、小美人まで売るように言い放つ始末。実は熊山の裏には大興業師・虎畑二郎がついており、抗議活動は頓挫してしまう。

ファイル:Nagoya TV Tower - 01.JPG

そんな折、酒井と純子は三浦に呼び出され、放射能除去を受ける。実は倉田浜で見つけた物体から放射能が検出されたのだ。調査のため倉田浜に駆け付けた酒井たちの目の前に干拓地からゴジラが出現。四日市のコンビナート地帯と名古屋市を蹂躙した。酒井たちはインファント島に飛び、原住民達にモスラを派遣するよう懇願するが、モスラの寿命が近づいている上に、「悪魔の火」と呼ぶ核実験によって島を荒らされた原住民達は拒否。しかし平和を望む小美人の思いによってモスラは日本へ向かった。

ゴジラは自衛隊の高圧電流攻撃にもひるまず、トラブルから熊山を射殺してしまった虎畑が滞在するホテルも破壊して静の浦にせまり、ホテルを破壊して、虎畑を殺害。そこへモスラが飛来。最後の武器である毒鱗粉をも用いた戦いが繰り広げられたが、寿命の近いモスラは卵をかばうように着地して絶命してしまった。

モスラに勝利したゴジラは付近の集落を破壊した上に、小学校の生徒が残された岩島に迫る。小美人が祈りの歌を歌う中、卵が孵り始める。

海外公開版との相違編集

海外版は当初『GODZILLA VS. THE THING』 というタイトル(モスラをシークレット扱い)だった。セリフは全て英語に吹き替えられている。田崎潤藤木悠の「卵も逃げたのか?」「いえ、卵には足がありませんから」というセリフは、図らずも「エッグ(卵)」と「レッグ(足)」をかけた洒落になっている。

ゴジラが名古屋に現れ、名古屋城を破壊し、海へ向かうカットの後に、国連派遣の新鋭艦隊(アメリカ第7艦隊と紹介する説もあるが誤謬)が出動し、浜辺を歩くゴジラに対してミサイル攻撃を行なうシーンがある。海外版の完成フィルムではこのミサイルは、国連大使により「高性能誘導弾フロンティアミサイル」と説明されている。また、ミサイル艦隊後尾で風にはためくアメリカの星条旗がアップになるカットがある。ロケーションは静岡県浜松の砂丘で、擬似夜景処理を施し、オープン撮影で行われた。国内版予告には、この浜辺を歩くゴジラの映像がある。

このシーンは以前、海外向けの追加シーンとされていたが、実際はこのシーンは決定台本にも存在しており、脚本中ではロリシカ国の新兵器「誘導弾フロンティア」と紹介されている。

1990年代半ばにこの海外版と日本版をセットにしたレーザーディスクが発売されていたが、LDの存在そのものの消滅と共に廃盤となり、長らくこの海外版に関して日本では正規なメディアが発売されなかったが、2008年1月リリースのDVD5枚組ボックス「ゴジラ DVD コレクション I」の特典ディスクとしてDVD化された。

登場キャラクター編集

モスラ(成虫) 編集

詳細はモスラ (架空の怪獣)を参照

頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄村瀬継蔵による。本作のために新規造形され、『モスラ』に使用したミニチュアと併用している。新規造形版は複眼が真円に近いのが特徴で、複眼を表現する無数の丸いへこみが前作では裏側だったのが、本作では表面に穿たれており、内部に仕込まれた電球で発光する。口、腹、6本の足それぞれが電動モーターによるリモコン操作で動く。翼は前作同様、天竺布で作られた。くちばしは木製の芯にゴムを塗ったもの。

モスラ(幼虫) 編集

詳細はモスラ (架空の怪獣)を参照

頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄村瀬継蔵による。自走式の車輪を内蔵したものと、ウレタンで作られたアクション操演用の2タイプが、双子ということで2つずつ作られた。卵を破って出現するシーンには、顔面が2尺ほどの大きさの、手踊り式の上半身ミニチュアが使われた。くちばしは木製の芯にゴムを塗ったもの。

幼虫が噴き出す糸は、ゴム糊をシンナーで溶いたものをスプレーのように吹かせて表現した。自走式のミニチュアの内部メカは、のちにTV番組「ウルトラQ」の怪獣「ナメゴン」の自走ギミックに流用されている。

怪獣王 ゴジラ 編集

詳細はゴジラ (架空の怪獣)を参照

頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄村瀬継蔵による。演技者は中島春雄。他作品のゴジラと区別して、「モスゴジ」と呼称する書籍も多い。

円谷英二の「毎回ゴジラの顔が違うのはおかしい」という意見から、基本形となる頭部の石膏型が起こされた。以後『怪獣総進撃』まで、頭部を新造するたびにこの型が使用されている。

本作のゴジラは初登場から名古屋襲撃シーンまで、歩くたびに頬や唇が震え、大変リアルであると話題になった。これは、軟質素材のラテックスで作られた頭部外皮と、顎の開閉機構などを組み込んだ内部フレームとの接合が緩かったことによる偶然の産物だった。雷撃作戦シーンにおける頭部を燃やす撮影の後、補修が行われ、表皮がフレームに固定されたため、以後頬が揺れることは無くなった。

この改修を受けて、1980年代の各種刊行物において、「本作ではゴジラの縫いぐるみは二体作られた」とする説が流布された[2] が、これについて村瀬継蔵は、「怪獣の縫いぐるみは各作品に一体しか作る余裕はなく、マスコミで書かれているようなモスゴジやバラゴンの二体説は間違いなのです」と述べ、これを否定している[3]

従来のゴジラや怪獣の爪やトゲ、歯は“金網を成形した芯に和紙を貼り、その上からゴムを塗る”という手法で作られていたためシャープさに欠けており、円谷監督は常々「怪獣の牙や爪に鋭さが欲しい」と漏らしていた。本作のゴジラの牙や爪は、村瀬継蔵の手になるポリエステル樹脂製となり、円谷の念願が叶うこととなった。村瀬によると、中島春雄も待機中に爪をカチカチ鳴らすなど、硬い爪に大喜びだったそうである。ただ、繊維強化処理をしていないので、撮影中にすぐ欠損してしまい、そのたびの補修が必要だったという。

今作のゴジラは純粋な悪役(脚本には「悪鬼」と書かれている)として登場し、新造されたぬいぐるみ着ぐるみ)も、前作と異なる悪役的な顔立ちとなっている。ゴジラの目玉は、凸レンズ状の透明ポリエステル樹脂の奥に黒目を埋めるという手法がとられ、「どの角度から見てもゴジラがこちらを睨んでいる」という鋭い目つきとなっている。

ゴジラの出現箇所は「土の中から」という珍しいものである。台本の時点では「干拓地から発見されたゴジラの皮膚」は「前作でのコングとの戦いで折れた牙」であり、ゴジラは瀬戸内海の埋立地から出現、姫路城を破壊する予定だった。

ファイル:Nagoya Castle(Larger).jpg

ゴジラが名古屋城を破壊するシーンは、ゴジラのスーツアクターである中島春雄が語ったところによると、撮影の際、スタッフが誤ってゴジラがぶつかるより先に名古屋城のミニチュアの支えを外して壊してしまい、まるまる撮り直し、ミニチュアの作り直しになってしまったそうである。中島によると、城の作り直しには2週間ほどかかったという。このシーンは中島の演技ミスを編集で生かしたとの説もあるが、テレビの特番で島田紳助から「ほんとは中島さんがこけたんちゃいますの?」と聞かれた際にも、中島は「いや、違います。演出です」ときっぱりと否定していた。

ゴジラが岩島に向かい海を行くシーン、ラストで海に落下するシーンには、前作『キングコング対ゴジラ』のスーツを使用している。

61式特車 編集

ファイル:Japanese Type 61 tank - 1.jpg

この映画で、東宝の怪獣映画で初めて、自衛隊の61式特車部隊のミニチュアが登場した。造形は渡辺明

中盤の「ゴジラ雷撃作戦」で特車部隊として登場するが、M24チャーフィー戦車のミニチュアを改造しているため、主輪が1つ足りず、5輪になっている。このミニチュアはエンジンを搭載する自走可能なものだったが、方向転換は出来ず、ピアノ線で引っ張ってこれを行っている。

テンプレート:ネタバレ終了

スタッフ 編集

本編 編集

特殊技術編集

特殊視覚効果編集

キャスト 編集

映像ソフト化編集

  • ビデオソフトは1980年代初頭にVHS・β両方が発売された。短縮版フィルムを使用し、画面もスタンダードサイズにトリミングされている。
  • レーザーディスクは1985年に発売された。ノーカットフィルムだが画面はワイド風にトリミングされている。1996年の再発売版で、ようやくオリジナルのシネスコ(東宝スコープ)画面版が発売された。
  • DVDは2003年4月25日発売。ノーカット、シネスコ収録。
  • 2008年1月25日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションI」に収録されており、単品版も同時発売。
  • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。
  • BDは2010年3月19日発売。

小説化 編集

  • 上田高正 『モスラ対ゴジラ』(ノヴェライゼイション) ISBN 4061900080
    • ノベライズ版では、岩島にはもし破壊されれば日本列島の大半が汚染される規模の原子力発電所があり、記者会見をする官房長官が国民に対して民族移動を決意するように呼びかけをするなどの差異がある。

再上映 編集

参考文献・出典 編集

  • 『東宝SF特撮映画シリーズVOL2 モスラ/モスラ対ゴジラ』(東宝) ISBN 4924609048
  • 『大ゴジラ図鑑1、2』(ホビージャパン)
  • 『三大怪獣地球最大の決戦DVD』(東宝)中島春雄インタビュー
  • 『特撮魂 東宝特撮奮戦記』(洋泉社)

脚注 編集

  1. 日立 世界・ふしぎ発見!』、『精霊流し〜あなたを忘れない〜』など。他にも大山のぶ代の著書『ぼくドラえもんでした。』のドラえもん年表でも同様の誤記がある
  2. 『グラフブック ゴジラ』(講談社、1983年)
  3. 『スーパージオラマシアター・ゴジラ』(小学館、1992年)

テンプレート:ゴジラの映画 テンプレート:モスラ映画作品 テンプレート:モスラ

テンプレート:本多猪四郎監督作品

テンプレート:Movie-stubfi:Mothra vs. Godzilla fr:Mothra contre Godzilla it:Watang! Nel favoloso impero dei mostri nl:Mothra vs. Godzilla no:Mothra vs. Godzillaru:Годзилла против Мотры sv:Mothra vs. Godzilla zh:摩斯拉對哥吉拉

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。