FANDOM


ゴジラ FINAL WARS
Godzilla Final Wars
監督 北村龍平
脚本 三村渉
桐山勲
製作 富山省吾
出演者 松岡昌宏TOKIO
菊川怜
ドン・フライ
水野真紀
北村一輝
ケイン・コスギ
水野久美
佐原健二
船木誠勝
長澤まさみ
大塚ちひろ
四方堂亘
須賀健太
泉谷しげる
伊武雅刀
國村隼
宝田明
音楽 キース・エマーソン
森野宣彦
矢野大介
撮影 古谷巧(本編)
大川藤雄(特撮)
編集 掛須秀一
配給 東宝
公開 Flag of Japan2004年12月4日
上映時間 125分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語英語
製作費 20億円
興行収入 12億円
前作 ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ゴジラ FINAL WARS』(ゴジラ ファイナル ウォーズ)は、2004年12月4日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第28作である。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

第3期ゴジラシリーズ(ミレニアムシリーズ)の第6作で、ゴジラシリーズの最終作[1]とされる。

本作の時代設定は近未来の「20XX年」とされ、怪獣たちと戦う地球防衛軍が存在する。

歴代の人気怪獣総出演というのが一つの売りで、ゴジラを含め「怪獣総進撃」を超える合計15体の怪獣の他、轟天号、人間型宇宙人・X星人も登場し、東宝特撮を総括する集大成となった。本作ではゴジラ映画では珍しい人間側のアクションシーンが多く取り入れられ、また怪獣のアクションシーンも従来のゆっくりとした動きではなく、かなりアグレッシブな動きで表現されるなど新たな試みがなされた。結果、本作はゴジラ映画の中でかなりの異彩を放つ作品の一つとなった。

最終作と銘打った本作を製作するにあたり、製作の富山省吾は、ゴジラ映画は初となる北村龍平に監督を依頼した。その他にも寺田克也韮沢靖新川洋司キース・エマーソンカイル・クーパーなど新メンバーが加わり、製作費20億円、製作日数100日、史上初の4班(本編班、特撮A班、特撮B班、海外班)体制での撮影など、歴代ゴジラ映画史上最大の規模で制作された。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』以来恒例となっていた劇場版『とっとこハム太郎』との併映はなく、上映時間もシリーズ最長の125分となっている。 本作品では全編に渡って日本語英語、さらには中国語などの多数の言語が入り混じっているため、字幕版と日本語吹き替え版の2バージョンが存在する。劇場公開時は吹き替え版が通常上映されていたが、一部の劇場では「ワールドプレミア・ヴァージョン」として字幕版の上映が行われていた(DVDでは両方視聴可能)。

登場怪獣はゴジラマンダガイガンラドンジラアンギラスキングシーサーカマキラスクモンガミニラエビラモスラヘドラモンスターX→カイザーギドラ。またオープニングでは、バランゲゾラバラゴンガイラチタノザウルスメガギラスがライブフィルムで登場した。

登場メカは地球防衛軍:空中戦艦轟天号新・轟天号ドッグファイター火龍ランブリングエクレールEDF戦車、メーサー殺獣光線砲車、X星人:UFO母船(大怪球)・α・β・Γ(大爪形態)・小型戦闘艇。

スペシャルエディションを含めてDVDは2005年7月22日に発売され、Blu-ray Discは2009年9月19日に発売された。

興行・評価 編集

興行収入は12億6000万円という結果となり、観客動員数も歴代ゴジラ28作品中ワースト3位の100万人となり、目標としていた「シリーズ観客動員数1億人」を達成することは出来なかった。

2004年の文春きいちご賞第6位を記録した。

2005年12月30日には、『怪獣キング決定戦! 地上最強シネマスペシャル』としてテレビ東京系で地上波初放映された。視聴率は5.8%(前作『東京SOS』は9.0%)。

国外 編集

本作の公開直前に、ゴジラは日本のキャラクターとして初めてハリウッドの「ウォーク・オブ・フェイム」に殿堂入りを果たした。

毎年恒例となっていた東京国際映画祭で特別招待作品としての上映はなかったものの、ハリウッドグローマンズ・チャイニーズ・シアターにおいてシリーズ初となるワールドプレミアが敢行された(チャイニーズ・シアターでの日本映画初のワールドプレミアでもあった)。

また、国外興行については以下の通り。

  • 劇場公開
    • 台湾:2005年6月
    • 欧州・仏語圏:2005年8月
    • 欧州・独語圏:2006年5月
  • DVD発売
    • 中国、インドネシア:2005年6月
    • 米国:2005年12月
    • オーストラリア:2006年3月

ストーリー 編集

時は近未来「20XX年」、世界中で核実験や戦争が頻発した結果、眠っていた多くの怪獣が目覚め、人類に牙を剥いた。これに対抗するため国連は地球防衛軍を結成した。同時に他の人類より身体能力の優れた一部の人間“ミュータント”による部隊「M機関」を組織した。彼らの最大の敵こそ、1954年以降世界を恐怖に陥れた怪獣王・ゴジラであったが、南極での轟天号との戦いにより、ゴジラは氷塊の中へ封じ込められた。

それから50年後、地球防衛軍の最新鋭艦である新・轟天号は、ノルマンディー沖の海底にてマンダと交戦し撃破するものの、艦の損傷激しく、艦長であるダグラス・ゴードン大佐は軍法会議に処せられてしまう。その後、M機関の隊員である尾崎は、国連から派遣された科学者・音無美雪の護衛として、北海道沖にて発見された怪獣のミイラの調査に向かう。

その頃日本人初の国連事務総長である醍醐の乗った飛行機が消息を絶ち、それを契機として世界中に大量の怪獣が同時に出現した。交戦する地球防衛軍であったが、突如怪獣が消滅し、巨大なUFOが東京上空に出現した。中からは醍醐が姿を現し、X星人と名乗る宇宙人に救出されたと話した。X星人は地球に“妖星ゴラス”が迫っていると危機を呼びかけ、友好の証として怪獣を消滅させたのだという。これにより、世界はX星人との友好ムード一色となった。

しかし、X星人の友好的態度に疑問を持った尾崎と美雪は、幽閉中であったゴードン大佐を味方に引き入れ、美雪の姉・杏奈が司会を務めるテレビ番組において、X星人の企みを看破した。焦りを見せたX星人の司令官を参謀が射殺、自らが新たな統制官となり、地球の武力制圧を宣言した。消滅した怪獣が姿を現し、地球防衛軍の戦艦を悉く沈めて行く。更にミイラと化していた怪獣ガイガンまでもが復活し、地球は崩壊の危機を迎える。

ゴードンは尾崎らを引き連れ、地球防衛軍の地下ドックにある新・轟天号に乗り込んだ。行き先は南極、X星人も予想していなかった「地球最強の兵器」あるいは「人類最大の脅威」そして史上最強の怪獣王、ゴジラを復活させようというのだ。下手をすれば自分たちに牙を剥きかねない危険な賭けであったが、轟天は発進した。かくして最終作戦、「オペレーション・ファイナルウォーズ」が発動された。

登場人物 編集

尾崎 真一
主人公。特殊能力を持つ地球防衛軍ミュータント兵の一人。兵士としては優しさを捨て切れない、ある意味甘い性格だが、「優しさがなくて一体何を守れる」という強い信念を持っている。新・轟天号では兵器管制を担当。美雪曰く「筋肉バカかつ軽薄」。ゴードン大佐達と共に新・轟天号に乗って、X星人に戦いを挑む。実は、ミュータントの中でもほんのわずかな確率で誕生する最強の存在「カイザー」。
音無 美雪
国連から派遣された分子生物学者。とても科学者とは思えないモデルのような服装をしており、尾崎曰く「高学歴かつモデル気取り」。北海道沖で発見されたガイガンのミイラから、ミュータント同様の未知の塩基「M塩基」を発見する。やがて彼女の研究は、人類とX星人の驚愕の関係を暴くことになる。尾崎達と共に、新・轟天号へ搭乗する。
ダグラス・ゴードン大佐
地球防衛軍戦艦「新・轟天号」艦長。豪快で破天荒な性格だが、部下からの信頼は厚い。日本刀を愛用し、地球人を遥かに上回る身体能力でX星人をも凌駕する、驚異的な肉体を誇る。物語冒頭の南極での死闘時には新兵として轟天号に乗り込んでおり、ミサイルで雪崩を発生させてゴジラを生き埋めにした。対マンダ戦では新・轟天号を沈没寸前に追い込みながらもマンダを撃破したが、こうした無茶な行動により軍法会議に掛けられた挙句、上官を殴って懲罰房行きになる。しかし、これが原因でX星人に入れ替わられずに済んだ。彼の場合は部下から信頼が厚いため、外側から施錠されることはない[2]。尾崎の依頼でX星人の本性を暴き、地球総攻撃を開始したX星人と怪獣達に対処すべく、「地球最強の兵器≒ゴジラ」を蘇らせることを決意する。
音無 杏奈
美雪の姉で日東テレビのキャスター。宇宙連合を唱える醍醐事務総長の態度に疑問を抱き、彼の血液を手掛かりとして、ゴードン大佐達と共に醍醐事務総長の正体がX星人であることを突き止める。愛犬の名前は「キャンディ」。
風間 勝範
尾崎と同じく地球防衛軍ミュータント兵の一人。新・轟天号では操舵手を務める。戦うことを自分の使命だと思い込み敵を倒すことを優先するその考えは、人を守ることを第一に考える尾崎とは時に反発する。統制官に操られたが、尾崎に解放されて新・轟天号に乗せられる。最終決戦では尾崎への借りを返すべく、ドッグファイターでX星人のマザーシップ内部のバリア発生装置へ捨て身の特攻を行い、命と引き換えに防御バリアを消滅させた。
熊坂教官
ミュータント兵の訓練指導をする教官。自身はミュータントではないが、ほぼ互角の身体能力を持つ。尾崎達を庇い、統制官に操られたミュータント部隊と戦う。戦いには勝ったが、致命傷を負って倒れ、発進する轟天号を見届けながら高らかに笑う。その後の生死は不明[3]
小室少佐
新・轟天号の副艦長。ゴードン大佐のサポートを行う。
醍醐 直太郎
日本人初の国連事務総長。事務総長専用機で移動中、ラドンに襲われてX星人の母船へ幽閉される。その間に偽者が宇宙連合を唱え、友好目的と人類を欺きながら周りの人間をX星人に入れ替えていた。最終決戦では何とか脱出しゴードン大佐達に協力し新・轟天号に搭乗する。昔は「百発百中」と言われた男らしいが、これは演じる宝田の主演作の一つ『100発100中』に由来。愛犬の名前は「クリント」。
国木田少将
醍醐事務総長と同様、X星人に捕らえられるが、ゴードン大佐達と共に母船からの脱出を試みる。
神宮寺 八郎
防衛博物館の主任の古代生物学者。北海道で発見されたガイガンの謎を美雪と共に究明し、妖星ゴラスがX星人の作り出した立体映像であることを暴く。役名は、かつて田中友幸が用いたペンネームに由来。
波川 玲子
地球防衛軍の司令官。世界中に出現した怪獣との戦闘の指揮を執る。醍醐事務総長と同様、X星人に捕らえられていたが最後はゴードン大佐達にと共に新・轟天号で脱出した。役名は、演じる水野が『怪獣大戦争』で演じたX星人の女性「波川」に由来。
小美人
インファント島に住むモスラの小美人[4]。ガイガンのミイラを調査する尾崎達の前に姿を現し、1万2000年前のガイガン襲来を教え、X星人の血を受け継ぐ尾崎にインファント島のお守りを渡す。
X星人参謀(後に統制官)
X星人司令官に仕える参謀。好戦的で残忍な性格であり、地球人のことを家畜と見なす。司令官の穏健路線には反対しており、陰謀が露呈した際にはクーデターを決行。司令官を射殺して統制官となり、ガイガンを蘇らせて世界中に怪獣達を投下し、無数の小型戦闘機を放って地球総攻撃を開始する。しかし南極で復活したゴジラの活躍により怪獣達が全滅し宇宙からモンスターXを呼び寄せた後、マザーシップ内で尾崎と死闘を繰り広げる。死闘の末敗れるが、マザーシップを自爆させ死亡。実は尾崎同様、ミュータント最強の存在「カイザー」の一人。
X星人司令官
X星人の全権代表。表向きには地球人類に妖星ゴラスの接近の危機を警告し、怪獣達を消滅させて友好的宇宙人として欺きながら、その裏側で地球制圧を進める。しかしテレビ放送中に陰謀が露呈してしまったため、参謀によって殺される。
田口 左門
富士山麓で猟師として暮らす老人。世界中で怪獣達が暴れ回っている間、山中で偶然ミニラと遭遇。孫の健太と共に、ミニラを連れてゴジラの後を追い、東京へ向かう。
田口 健太
左門の孫。富士山中で左門に撃たれかけていたミニラを助け、左門と共に東京へ向かう。ミニラの名付け親でもある。ラストシーンでは、ミニラと対になる形で重要な役割を演じることになる。

メカニック 編集

新・轟天号、旧・轟天号編集

詳細は轟天号#ゴジラ FINAL WARSを参照

エクレール、火龍、ランブリング 編集

詳細は東宝特撮映画の登場兵器#航空兵器を参照

ドッグファイター 編集

詳細は東宝特撮映画の登場兵器#航空兵器を参照

X星人母船 編集

  • 直径:1000メートル
X星人が乗ってきた母艦で、巨大な球形をしている。
下部に三機の中型艦が連結しており、最上部と最下部には戦闘機発進用のハッチがある。
武装の有無は不明だが、全体に強力なバリアが張り巡らされているため外からの攻撃は困難。
最後は統制官の自爆と言う形で破壊された。

X星人大爪円盤 編集

  • 全長:700メートル
  • 武装:テレポートフレアー
母艦の下部に連結している爪のような形状の中型艦。
α、β、γと全部で三基存在し、作戦行動時には母艦から分離して移動する。
劇中では下部から転送光線を放ち、操っている怪獣の移送および回収を行っていた。

X星人戦闘機 編集

  • 全長:15メートル
  • 全高:7メートル
  • 武装:ゲルデックスレーザー
X星人が操る小型の戦闘機で、これも爪のような形をしている。
母艦内に大量に搭載されており、戦闘時には母艦の上部と下部にあるハッチから発進する。
下部にレーザー機銃を装備し、これで標的を攻撃する。
劇中では操った怪獣達と共に世界の主要都市を次々と破壊し、さらに母艦に突撃してきた新・轟天号にも攻撃を加えた。

キャッチコピー 編集

  • さらば、ゴジラ。(告知用ポスター、本ポスター)
  • シリーズ50年の集大成 最高峰にして最終作(告知用ポスター、本ポスター)
  • “闘い”に挑む男――(松岡昌宏ver.ポスター)
  • “闘い”を導く女――(菊川怜ver.ポスター)
  • “闘い”を司る男――(ドン・フライver.ポスター)
  • “闘い”を仕掛ける男――(北村一輝ver.ポスター)

スタッフ 編集

出演者 編集

ゲスト出演者 編集

スーツアクター 編集

備考 編集

  • 本作の怪獣のうちジラだけは公開中に商品化されず、放映から1年近く経ってから食玩で商品化された(他の怪獣はX星人も含め公開中にソフビ・ガシャポン・食玩などで全て商品化された)。
  • 本作のガイガンのガレージキットでは、ガイガンが「太古以来のモスラの宿敵」という設定に基づいてベースに複数の原始モスラ幼虫が造形されたものが存在する。
  • オープニング・クレジットは歴代ゴジラの映像で構成されているが『ゴジラ対メカゴジラ』の偽ゴジラのシーンも使われている。
  • 劇中では佐藤勝の過去の作品の曲も使用されているが、エンドクレジットに名前は載っていない。
  • 本作のCDサウンドトラックにはキース・エマーソンがアレンジした「ゴジラのテーマ」「怪獣大戦争マーチ」(後半がL作戦マーチ)が収録されている。
  • オープニングの東宝ロゴマークは『キングコング対ゴジラ』の物を使用している。
  • X星人がかけているサングラスは『怪獣大戦争』で使用された小道具そのものを登場させている。[5]
  • ゴジラ単体のイラストポスターは酒井ゆうじの雛形がモデルとなった。
  • 当初登場怪獣にはメカゴジラキングギドラ(モンスターXがカイザーギドラに変身するのではなく、キングギドラそのもの)、ゴロザウルスが含まれていた。
  • 劇中でX星人の登場により行われたテレビ討論会に、現実でも普段『ビートたけしのTVタックル年末SP』などで宇宙人を始めとした超常現象の存在について激論を交わしている、早稲田大学教授大槻義彦たま出版韮澤潤一郎が出演している(また、同じ討論番組に出演している松尾貴史Japan Skepticsの会員であるため、大槻が「あなたは超常現象否定派だったはずだ」と言っている)。大槻はX星人の存在を否定していたが、現実にX星人を目の当たりにしている以上どうも分が悪く、他の(X星人肯定派の)ゲスト達に討論で打ち負かされていた。この場面に関し、北村龍平はDVDのオーディオコメンタリで「(韮沢と大槻が)洒落の分かる人で良かった」と述べている。実際には、大槻義彦が否定的な見解を持っているのはあくまでエイリアンクラフトで、宇宙人の存在自体は科学者なら当たり前に支持する、と考えており、作中のテレビ討論は実際に大槻が主張しているものとは多少異なる。また、大槻の作中での主張はX星人の態度が怪しいというものだった。
  • 長年ゴジラ映画の海上・ラストシーン等に使われてきた東宝大プールは本作の撮影をもって取り壊しが決定し、ラストシーンのゴジラとミニラが海に帰っていく場面を最後に幕を下ろした。よって本作が東宝大プールでの撮影が行われた最後の作品となった。

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 最終作というのはあくまでも公開時点でそのように銘打たれたということである。(公開当時の)東宝上層部からは、未来永劫ゴジラを作らないということではなく「現状の路線はこれで最後」という趣旨の発言がなされている。さらに富山省吾プロデューサーは、バンダイから発売されている食玩「酒井ゆうじプロデュース ゴジラ全集3rd.」の解説書の中で、2013年には復活する可能性があることを示唆している。
  2. 尾崎が独房の鍵を奪うシーンは本編ではカットされているが、エンドロールで観ることができる。
  3. DVDのコメンタリでは気絶しているだけとされ、「続編を作るんだったらまた出す」と北村龍平が冗談交じりに語っている。
  4. 演じている役者は同じだが、前作の小美人とは別人。
  5. DVDオーディオコメンタリーより。

外部リンク 編集

テンプレート:ゴジラの映画 テンプレート:モスラ映画作品

テンプレート:モスラfr:Godzilla: Final Wars id:Godzilla: Final Wars it:Godzilla: Final Wars nl:Godzilla: Final Wars no:Godzilla: Final Warsru:Годзилла: Финальные войны sv:Godzilla: Final Wars zh:哥吉拉 最後戰役

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。