FANDOM


ゴジラ怪獣大乱闘』(ゴジラかいじゅうだいらんとう)シリーズは、ゴジラ怪獣をベースとした対戦アクションゲームアタリジャパンよりニンテンドーゲームキューブゲームボーイアドバンスプレイステーション2などで発売されている。 いずれの作品も、アタリ本社が海外で発売されたものを、日本用に移植したものである。

ボタン操作が非常にシンプルであり、初心者から上級者まで幅広く楽しめる。また、ストーリーモードや1対1の対戦の他、最大4人までのバトルロワイヤルやチーム対戦など多彩なゲームが存在する。

シリーズ 編集

ゴジラ怪獣大乱闘 編集

2002年12月12日に発売されたニンテンドーゲームキューブ版。登場怪獣はゴジラ (90's,2000) 、メガロアンギラス(2代目)、ガイガン(72')、キングギドラ(91')、メカキングギドララドン(93')、デストロイア三式機龍(メカゴジラ)オルガ(隠れキャラ)がプレーヤーキャラとして、召喚アイテムで成虫モスラ(92')、お邪魔キャラにヘドラ(71')(飛行期)が登場した。モードとしては宇宙人ヴォルターク(声・中田譲治)の操る怪獣を倒すものや普通の対戦やビルを壊してスコアを競うもの、チームで対戦するもの、2~4人で対戦するものなどもある。また、映画のチラシなどを見られるギャラリーモードも存在する。

なお、メカゴジラは海外版では93年版だったが、日本ではゴジラ×メカゴジラの公開時期に伴い、機龍に差し替えられた。

その後、海外では操作キャラクターに機龍を追加し、新機能をいくつか追加したXbox版が発売されている。(日本では未発売)

ゴジラ怪獣大乱闘アドバンス 編集

2003年12月11日に発売されたゲームボーイアドバンス版。モスラがプレーヤーキャラになり、メカゴジラ(機龍)が最新式になったものの、容量の都合上登場する怪獣の数が減った。通信ケーブルを使い対戦も出来る。登場怪獣はゴジラ、モスラ、メカゴジラ(機龍)、メガロ、キングギドラ、ラドンの6体の他、メカキングギドラがボスキャラとして登場している。

ゴジラ怪獣大乱闘 地球最終決戦 編集

2004年12月9日に発売されたプレイステーション2版。キャラクターの数が増え、新たに幼虫モスラ(92')、ジェットジャガースペースゴジラMOGERA(モゲラ)メガギラスバラゴン(婆羅護吽)、メカゴジラ(93')がプレーヤーキャラクターに加えられ、召喚アイテムでバトラスーパーX3、チャレンジモードでエビラ(66')、ミレニアンも出演した。モードもいくつか増えている。国内ではPS2版のみの販売だが、国外ではXbox版も同時発売された。

ゴジラ UNLEASHED編集

「ゴジラ 怪獣大乱闘 - アンリーシュド」の続編でWiiのゲーム「Godzilla: Unleashed」が北米で発売されている。登場怪獣はゴジラ(初代、90's、2000) 、メカゴジラ(機龍、93'、74')ガイガン(ファイナル版)、メガロ、キングギドラ(千年竜王)、メカキングギドラ、アンギラス(2代目)、キングシーサー(ファイナル版)、デストロイア、モスラ(92')、バラゴン(婆羅護吽)、ジェットジャガー、ラドン(93')、チタノザウルスビオランテ、オルガ、メガギラス、スペースゴジラ、モゲラ(MOGERA)、バラン轟天号(ファイナル版)、ゲームオリジナルキャラのKrystalak (クリスタラック)とObsidius (オブシディアス)。 また、PS2版では容量の都合上、wii版と比べて数体削除されているが、バトラが追加されている。

ゴジラ 4 新ゲーム編集

今後のゲーム、2012年発売予定の家庭用ゲーム機。新怪獣東宝:ヘドラ、キングコング (東宝)、アメリカゴジラ - ジラガバラガイラカメーバゾーンファイター、モンスターX - カイザーギドラ、 ゲームオリジナルキャラのバガン,

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stub

nl:Godzilla: Destroy All Monsters Meleesv:Godzilla: Save the Earth

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。