FANDOM


ゴジラ×メカゴジラ』(ゴジラたいメカゴジラ)は、2002年12月14日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第26作である。GMGと略される。併映は『とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ!幻のプリンセス』。キャッチコピーは「砕け散るまで戦え!」「起動・共鳴・氷砕」。

テンプレート:ネタバレ

ゴジラ×メカゴジラ
Godzilla against Mechagodzilla
監督 手塚昌明
脚本 三村渉
製作 富山省吾
製作総指揮 森知貴秀
出演者 釈由美子
宅麻伸
小野寺華那
高杉亘
友井雄亮
水野純一
水野久美
中尾彬
音楽 大島ミチル
撮影 岸本正広(本編)
江口憲一(特撮)
編集 普嶋信一
配給 東宝
公開 2002年12月14日
上映時間 88分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
興行収入 19億円
前作 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
次作 ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
キネマ旬報
  

概要 編集

第3期ゴジラシリーズ(ミレニアムシリーズ)の第4作。

ゴジラ2000 ミレニアム』以降の作品に共通する、第1作以外のゴジラ映画とのストーリー上の関連が一切ないという形は変わらないが、本作はゴジラシリーズ以外の『モスラ』や『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』等、他の東宝怪獣映画作品との関連を持っており、作中に登場するメーサー殺獣光線車のデザインなどにその設定が現れている(パンフレットでは『空の大怪獣ラドン』や『大怪獣バラン』にも触れている)。

本作のゴジラは前々作と同様の造形に戻される。またメカゴジラは作中では「3式機龍」と呼ばれ、開発者の一人である湯原とその娘が愛称として「メカゴジラ」と呼ぶにすぎない。

音楽は大島ミチルの提案により、シリーズ初の海外録音が行われた(演奏はモスクワ・インターナショナル・シンフォニック・オーケストラ)。録音の模様はドキュメントとしてDVDの映像特典に収録されている。また平成のゴジラ映画で初めて、伊福部昭の曲が使用されなかった。

本作は前作と違い、当初から『とっとこハム太郎』との同時上映が決まっており、その影響で上映時間が従来より15分前後短縮されている。また劇中では湯原沙羅とその友人がハムスターを可愛がるという『とっとこハム太郎』を意識したシーンがある。

本作と次作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』ではタイトルロゴの「ゴジラ」の字体のデザインが変わり、それまで使われていた「角を斜めに切り落とした」スタイルではなくなっている(ただし本編中では従来のロゴも併せて使用されている)。

また「ゴジラ」のニックネームを持つ野球選手の松井秀喜が本人役で特別出演している。メジャーリーグへの移籍のため、読売ジャイアンツの松井の姿が観られるのもこの映画だけである。

ストーリー編集

1999年館山市からある物がトラックによって運び出された。その数日後、台風と共にゴジラが館山に上陸。対特殊生物自衛隊=通称「特生自衛隊」はゴジラ迎撃を開始するが、全く歯が立たない。

その戦禍、特生自衛隊員・家城茜は操縦するメーサー殺獣光線車を仲間の車両に激突させ、崖下に転落させてしまい、その車両は無残にもゴジラに踏み潰されてしまう。命は何とか助かったものの、茜は仲間を死に追いやったという自責の念を拭い去ることが出来ないまま、責任を問われる形で資料課への転属を命じられる。

一方、日本政府は柘植首相指揮の下、湯原ら日本有数の科学者達を招集して対G兵器の開発に着手、館山から引揚げられたゴジラの骨格を基に4年の月日を経て遂に機龍《メカゴジラ》を完成させた。そして柘植首相は辞職し、五十嵐隼人が新首相となった。

時を同じくして、いまだ心に様々な葛藤を残している茜の“機龍隊”への配属が決定、機龍のオペレーターに任命される。

そして機龍のテスト機動が開始された時、ゴジラが東京湾に出現。茜を含む機龍隊は機龍を発進させ、ゴジラに向かう。

ゴジラは横浜・八景島に上陸し、その前に機龍が立ちはだかる。機龍はロケット弾とメーサーで徐々にゴジラを追いつめ「アブソリュート・ゼロ」でとどめを狙う。しかしゴジラが天に向かって咆哮、すると機龍がコントロール不能に陥ってしまう。その隙にゴジラは海中へと姿を消した。しらさぎが機龍を回収し帰還しようとしたところ、突然機龍がまるで意志を持ったかのように動き出し街を破壊し始めた。ゴジラの声が機龍のコンピューターに干渉し、初代ゴジラの意識が目覚めてしまったのだ。目が赤く染まり、「本物のゴジラ」の如く猛威を振るう機龍を止めるには体内のエネルギーが尽きるのを待つしかなかった。

機龍の暴走で八景島周辺は全壊。五十嵐首相にも責任を問う声が高まり、機龍隊の存続も危ぶまれていた。湯原は機龍のDNAコンピュータの塩基構造を変えることでゴジラの干渉を回避させるようにした。しかし五十嵐首相は再び暴走するのではないかと恐れ、出動許可を下さないでいた。また湯原の娘・沙羅も、初代ゴジラの骨から作られた機龍が、本来同族でもあるはずのゴジラを倒すことに疑問を感じ始めていた。

東京湾から再びゴジラが出現する。特自の攻撃をものともしないゴジラは品川に上陸し、市街地を火の海へと変えていった。この事態に五十嵐首相は、ついに機龍出撃を決断する。人類の希望を背負って機龍は飛び立った。

ゴジラを倒すべく品川の街に降り立つ機龍。決死の覚悟で戦いを挑む茜。機龍、そして茜の戦いがここで始まった。

興行成績 編集

  • 興行収入 19億円
  • 観客動員 170万人

スタッフ 編集

メインキャスト 編集

カメオ出演 編集

スーツアクター 編集

その他編集

  • ゴジラが館山市に上陸した日は、シリーズ第1作(『ゴジラ』)の公開日の11月3日である。
  • 当初、ゴジラが東京タワーを破壊する予定だったが、諸事情(実際の東京タワーに地上波デジタル放送用アンテナ増設工事によるカバーがかかっていたため、合成が困難だった)により実現せず、次作に持ち越された(パンフレットによる)。
  • 上半身のみの初代ゴジラの着ぐるみと、25分の1スケールの初代ゴジラの全身骨格が作られている。
  • アンギラスが登場し、機龍と闘う案もあったが没になった。
  • 首相官邸や機龍が工場を破壊するシーンは『ゴジラvsキングギドラ』、その他の街を破壊するシーンも『ゴジラvsメカゴジラ』の映像が流用されている。
  • 第1特報は前々作公開された『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』の映像を流用している。ナレーション立木文彦が担当。
  • 劇中で、関東中を停電させ、電力を機龍に供給するシーンがあるが、このシーンは95年のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のヤシマ作戦をモデルにしているといわれることがある。しかし、実際はそれより以前の93年『ゴジラVSメカゴジラ』で考案されていたものの撮影されなかったものであったと、同作の助監督神谷誠が語っている。また映画本編ではないが、97年の『ゴジラアイランド』にも既に同様のシーンが登場している。
  • おなじみの手塚監督カメオ出演はエンドクレジット後のシーン。監督以外にも多くのゴジラシリーズスタッフがカメオ出演している。

映像ソフト化編集

  • DVDは2003年7月21日発売。
  • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。

関連項目 編集

  • オジギソウ - 劇中、主人公と登場人物の接点として重要な要素になる。

テンプレート:ゴジラの映画

fr:Godzilla X Mechagodzilla

it:Godzilla against Mechagodzilla nl:Godzilla Against Mechagodzilla no:Godzilla Against Mechagodzillasv:Godzilla Against Mechagodzilla zh:哥吉拉×機械哥吉拉

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。